• 躁鬱病について正しく理解していますか

うつ病の種類

不眠症やうつなど練馬の心療内科ではいろんな症状の治療をしています。精神科が取り扱っている躁うつ病やパニック障害も治療しています。

心の病は直さなければ生きることさえも嫌になってしまう可能性があります。心療内科を横浜で受診して良くしていきましょう。

誰でもかかる可能性のある病気です

多く人が、仕事や家事に追われています。仕事では、上司に怒られることやミスをしてしまったことやパワハラなどが原因でうつ病になる人が多くいます。女性では、家事や出産、育児、仕事、セクハラなどが原因で、うつ病になることがあります。うつ病になる主な原因として、ストレスや体質、思考などを上げることが出来ます。頑張り屋や責任感が強い人がなりやすい体質をしています。ネガティブな思考や発言をすることによってもうつ病になる可能性が高くなります。うつ病を精神的なことが原因で、なってしまうので、日々の生活でストレスを貯め内ようにすることが大切になります。うつ病には、いくつかの種類があります。その中に躁鬱病があります。躁鬱病は、鬱の状態と躁の状態が交互にでることを言います。落ち込んでいる時もあれば、元気でよくしゃべり、活発に行動することがあります。鬱と躁の状態を繰り返すので、うつ病の知識がないと発見することが出来ません。正しい知識を着けて早く精神科に受診することが重要になります。躁鬱病になっていることを知るためには、症状を知って、躁鬱病に関する知識をつけて見極めることが重要です。

躁鬱病にかかる医療費とは

躁鬱病が発症しているかどうかは、インターネットなどでセルフチェックを利用するとわかります。チェック項目を確認して行くだけで、鬱なのかわかることが出来ます。どれくらい鬱の症状なのかを知ることが出来ます。症状のレベルによっては、精神科に受診することになります。

うつ病はその症状によって、主に二つに分けることができます。 ずっと気分が沈んだ状態が続くのが「抑鬱病」であり、沈んだ状態と何事にも活動的になる状態を繰り返すのが「躁鬱病」です。 現在、躁鬱病は双極性障害とも呼ばれています。 躁鬱病は抑鬱病同様、とても自覚するのが難しい病であり、気付いたときにはすでに重症化している場合もあります。 それを防ぐためには、早期発見が大切です。 一般的に専門医である心療内科やメンタルクリニックを受診すると良いでしょう。 躁状態のときは何事にも積極的になり、睡眠時間が極端に短くなったり、大きな散財をしてしまったりと、時に周囲のことを考えられなくなってしまいます。 逆に鬱状態になると、何もやる気が起きず、食欲も減り、無気力な状態になります。 これらを繰り返すようであれば、躁鬱病であるといえるでしょう。

治療法は投薬が中心となります。 鬱状態のときに受診した場合は、例え専門医でも抑鬱病と間違えてしまう可能性があります。 ですから、自分がどのようにしてその状態に陥ったのか、包み隠さず話すことが大切です。 そのためには、信頼できる専門医を見つけることも重要になってきます。 心を開いて安心して相談できる方に、治療をゆだねましょう。 現在は薬も副作用の少ないものが多いですし、治療を受ければ病状をコントロールすることもできるようになります。 投薬療法と専門医による精神療法の両立こそが、躁鬱病の回復、症状の緩和への第一歩となるのです。 自立支援医療の支援を受けることができますので、そのためにも専門医の診断を受けることが第一です。

CONTENTS