• 躁鬱病について

原因を追求

男性

うつ病から始まる

躁鬱病になる時には、いくつかの原因が考えられます。遺伝的なことが考えることができます。いくつかの遺伝子が組み合わさることで、発症する傾向が高くあります。遺伝だけで発症することはなく、いくつかの条件が揃うことで、躁鬱病になってしまうことがあります。遺伝以外にも環境的な要素が原因として考える事が出来ます。生活環境や周囲から受ける影響などによって、ストレスを感じ、躁鬱病になることもあります。

躁鬱病の特徴について

躁鬱病の場合の多くがうつ病からなることが多くあります。うつ病と思っていても、気分がよくなる時があるので、うつ病ではないと勘違いする人が多くいます。うつ病である時でも躁状態になることもあります。うつ病と診断された数年後に、躁鬱病であると判断された人もいます。うつ病になる時に、急にうつ状態になった時やうつ病が重症な時などの場合、躁鬱病になっている可能性が高くなっています。また、妄想や幻覚などを見る症状が出てきた場合には、躁鬱病になっている傾向があります。躁鬱病は適切な治療方法を行なうことで、早く治すことが出来ます。しかし、双極性障害は適切な治療をしないと、症状が悪化して、自分を激しく責めるケースもあります。うつ状態から躁状態になった時に、自ら命を犠牲にする人も少なくありません。鬱病や躁鬱病は治療をすれば治る病気です。早めに症状に気が付き、適切な治療を行なうことで、命を守ることが出来ます。

躁鬱病は古い病名で、現在では双極性障害という言い方をします。I型とII型があり I型は症状が重く、躁状態がはっきりとしているもの、II型は軽躁といわれ、躁状態が軽いものを指します。 躁鬱病は、気分が高揚して何でもできるような気がする躁状態の時と、気分が塞ぎ 何に対してもやる気がおきないうつ状態とが交互に現れる病気です。 遺伝的な要素が強く、抑うつ状態だけのうつ病と比べると、かかる割合も100人に1人くらいで、これが16人に1人がなる可能性があるといわれている単極性のうつ病と 比較しても極めて低いのです。 しかしそれゆえ、治療は困難で長期化する傾向にあります。特に躁状態の時は、本人は調子が良いと感じているのですが、莫大な浪費をしたり、欲望に奔放になるため 人間関係を壊しやすくなり、仕事も失ってしまうことがあります。その反動でうつ状態のときは自殺願望が強いなど、気分の波が非常に激しいのが特徴です。 気分を安定させる薬を根気よく飲み、自立支援制度などをうまく使って病気とうまく つきあっていくことが治療の第一歩です。

↑ PAGE TOP