• 躁鬱病について

二つの症状

悩み

躁鬱病の症状等の特徴

躁鬱病には、通常のうつ病とは違い、躁状態があります。躁状態は、元気があることややる気があることではなく、気分が異常に高ぶっている状態が続く事を言います。よく見られる傾向として、ハイテンションになっていることや興奮状態になって、自信過剰になっていることなどがあります。自分が言った意見を否定的なことを言うと、怒り出すこともあります。不機嫌になって、嫌がらせなど、声を上げることもあります。口数が多くなることも躁状態の特徴です。躁状態になると、夜中も活発に行動するようになります。これらの症状が1週間続く状態になり、ひどい状態になると入院することもあります。躁鬱病は、重い躁状態とうつ状態を繰り返すことが特徴になります。うつ状態から躁状態になるサイクルは、人によってことなります。正しい治療を受けずに長い期間いると、鬱と躁のサイクルが短くなることもあります。鬱から躁状態に変わる時は、突然変わる時もあれば、徐々に変わることもあります。

どのような治療をすればよいのでしょうか

躁鬱病を改善するためには、精神科や神経科に受診することが大切になります。精神科や神経科を探す時には、インターネットを利用して探すことが出来ます。住まいの近くにある病院を探すことが簡単にできます。病院は、数多くあるので、よく調べて選ぶことが大切になります。うつ病をはじめ、躁鬱病などを専門にしている病院も見つける事が出来ます。病院では、カウンセリングをして、生活習慣や行動について話すが必要になるので、身近な人に付きそってもらい病院へ行きましょう。

躁鬱病には2種類の気分異常があることが特徴です。うつ病の症状と躁病の症状です。 まずうつ病の症状には精神的症状と身体的症状があります。おもな精神的症状には、不安や焦燥感・無価値観・興味の消失・自己批判・死へのとらわれ等があります。身体的症状には、不眠や過眠・食欲の増減・動悸・目眩等があります。 一方躁病の症状には、気分の高揚が強く、たいした理由もないのにはしゃぎ回る等があります。あまりにも気分が良すぎることから、症状を訴えないことが多く見られます。生命感にあふれ、表情が明るくなり、自信過剰となったりします。また特徴として、自分がどこかの国の大統領や金持ちであるといった誇大妄想をしたりします。症状は様々ですが妄想をすることが多いです。 躁鬱病はこの二つの状態が反復して見られることが特徴とされています。

躁鬱病の基本的な治療法は、薬物療法と精神療法になります。躁鬱病においては再発の可能性が高く、症状が良くなってからもしばらくは薬を飲み続ける必要があります。 薬物療法に用いられる薬には4種類あります。気分安定薬と抗精神病薬と抗うつ薬と睡眠薬です。おもに気分安定薬を中心に症状に合わせて他の薬を組み合わせて使います。 気分安定薬を使用すると、躁やうつなどの気分の波を小さくすることが出来ます。また再発予防にも効果があります。妄想を伴う等の症状が重くなってきた場合には抗精神病薬を追加します。 抗うつ薬は基本的には使いません。しかしうつの症状は重い場合には使用されることもあります。 精神療法には、心理教育や認知行動療法・対人関係療法・社会リズム療法などが用いられます。 心理教育では、病気や治療について周りの人と共通の理解を得ることができます。認知行動療法では、患者自身が陥りやすい否定的な捉え方に気づいてもらう療法です。対人関係療法は、シミュレーション等で疑似体験をしてもらいます。社会リズム療法では生活リズム等を整えます。 躁鬱病の治療には周りの人の理解は必須です。

↑ PAGE TOP