• 躁鬱病について

治療方法を知る

頭を抱える

気分安定剤が中心

躁鬱病は双極性障害とも言われる病気です。基本的には、適切な治療をすることで、完治する病気です。治療方法では、主に、薬物療法と精神療法の二つがあります。気分安定薬を中心に医療薬を摂取していきます。症状にわせて、安定剤以外の治療薬を使っていきます。

抗精神病薬を使う

双極性障害の場合は、気分安定剤が中心となって治療を行なっていきます。躁や鬱の状態を気分の振れ幅を小さくすることによって、精神の安定を図ることが可能です。再発予防にも使うことが出来ます。躁鬱病を治すために必要不可欠な治療薬の一つです。受診すると多くの病院でもらう精神安定剤ですが、躁鬱病の症状が悪化して妄想などを見るようになると抗精神病薬などを服用することもあります。

抗うつ薬や睡眠薬

躁鬱病を治療する上で、精神安定剤と同じように重要な薬として抗精神病薬があります。躁状態になるとイライラする事や怒りが爆発することがあります。そういった症状を抑える効果があります。気持ちを落ち着かす事ができ、睡眠を誘う効果もあります。世界では、新しい抗精神病薬があり、再発防止や抗うつ効果を期待することが出来ます。日本でも使う事ができるようになれば、効果的に治療することが出来ます。

治療にかかる費用について

うつ病の際に使用する抗うつ薬は基本的に躁鬱病の時には使用しません。しかし、鬱の症状が強い時には、抗うつ薬をしようして、鬱の症状を軽減させます。躁鬱病になると、睡眠障害が症状として現れます。睡眠障害には、眠れない症状と過眠の症状が出ます。寝ることが出来ない時に睡眠薬を使うことで、充分な睡眠を取ることが出来ます。寝ても早く起きてしまうことや夜中に何度も起きてしますことが多い時に使用すると効果的です。

躁鬱病は、抑うつ状態だけが症状として現れるうつ病よりも治療が困難で長期化する 傾向にあります。また遺伝的要素が強く、発症率も普通のうつ病と比べて極めて低い躁鬱病は治療費も高めになります。 しかし、躁鬱病など精神疾患を患ってる方には、「自立支援医療」という医療制度が あります。これを使えば、自己負担額はほぼ1割で済み、薬や通院だけであれば通常10万円近くする治療費も5000円以内に収めることができます。ただしこの制度は 入院には適用されません。入院すると1か月13万程度はかかりますがその際には 高額療養費で病院に申請することになります。ほかにも躁鬱病で保険適用がきかない薬もありますし診断書発行やカウンセリングは別途費用がかかるので、事前に病院に確認することです。

↑ PAGE TOP